『太陽の蓋』自主上映会を開くには…


3.11「史上最悪の危機」を迎えた日、官邸内で何が起きていたのか。

「太陽の蓋」は福島原発事故発生からの5日間を描いた映画です。

菅直人を含め、当時の閣僚たちが実名で登場。

総理である菅の役は三田村邦彦氏が演じています。

 

7月16日から一般公開され、現在、自主上映会が全国で企画されています。

11月には、菅直人の地元18区3カ所(府中市、武蔵野市、小金井市)で、そして国会近くの憲政記念会でも自主上映会が開かれました。

 

自主上映を検討・希望される方は、下記へお問い合わせください。

▶自主上映のお申込み、詳細はここから。

 

太陽の蓋

 

告知(イベント) トップに戻る