府中文化村で講演


11月18日(金)夜、むさし府中商工会議所大ホールで行われた第30回府中文化村で「福島原発事故の本当のところ」というテーマで講演をしました。

  東日本大震災時からの官邸の動き、翌日早朝にヘリコプターで津波被害を上空からみると同時に福島原発に行き現地の責任者と話した理由、原発事故の情報が少ない中で避難指示を出すためにどう考え動いたか等、菅本人が当時の対応をした時の考え、理由を話しました。

 講演の最後には、再生可能エネルギーを広げていくことが必要な理由を力説しました。

 講演後の懇親会では参加者の方々と意見交換や歓談をさせていただきました。

 

img_0008

▲東日本大震災時、その後の原発事故時の緊迫した状況を話しました

 

img_0009

▲多数の方々が府中文化村の講演会に参加されていました

 

視察・講演 トップに戻る